結婚指輪の値段と価値

私が結婚した時に買ってもらった結婚指輪の値段は19000円位です。

彼は、職を変えたばかりで収入もあまり無かったのでデザイン重視で尚且つ普段の生活に支障が出ないものと考え買ってもらいました。

ピンクゴールドの指輪でダイヤは付いていないもののカッティングがキラキラとした輝きを放ちとても気に入った指輪でした。

しかし、友人に結婚指輪の値段を言うと結婚指輪でその値段はありえないというのです。

結婚指輪は、世間一般では値段で価値を決めてるような感じがします。

私から言わせてもらうと、いくら高価な結婚指輪を貰ったとしても必ず幸せになることは限りません。

ただ単に、これだけ高価な値段の指輪を貰って羨ましいでしょうと自分の価値を上げ、自慢したいとしか思えません。

安い指輪を貰ったからと嫉妬している訳ではありませんが、指輪の価値が値段で決まってしまうのは悲しいことだと感じます。

結婚は生涯この人と一緒になると決め、成立した時点で結婚指輪を買いに行きます。

結局、指輪とは結婚したという単なる証になるもので、結婚した時に付いてくる付属品のような物と感じます。

メインデッシュは結婚、前菜は指輪、あくまでも結婚するにあたり引き立て役の指輪であるのだと思います。