結婚指輪のルーツとは

結婚指輪というと、婚姻関係を結んだ男女がその約束の証として身に着ける指輪のことを言います。

でも、西洋の文化なので昔の日本では結婚指輪なんてものは存在していませんでした。

少なくとも、結婚指輪が入ってきたのは開国後の明治時代からで、根付いたのは戦後だと言われています。

そもそもの結婚指輪の始まりは、古代ローマだといわれています。

本来、古代エジプト時代にパワーアイテムとして身につけられていたものでした。

それが11世紀ごろになると結婚の証として交換する形式が出来上がったとの事です。

では、その結婚指輪を何故左手の薬指にはめるのか、これは有名な話なのでご存知の方もいると思います。

古代エジプトでは、左手薬指の血管は心臓に繋がっているという言い伝えがありました。

心臓はイコール心です。

そのため、相手の心をつなぎとめるために左手薬指につけられるようになったとの説があります。

また、指輪ははめる指の位置によって異なるパワーを持ちますが、左手薬指は「信頼・愛情」を示す印との意味もあります。

どちらにしろ、ロマンチックな習慣です。

だからこそ、一生に一度の結婚指輪として、二人の愛情をつなぎとめておく最高の指輪を購入してください。